2012_07
20
(Fri)22:43

ツェルマット散策~帰国まで

6日目その後

山を下りてランチを食べてから、さて自由行動はどうしようか。
また違うロープウェイで山に登るのも良し、
ホテルに戻って買い物に出かけるもよしなんて考えながら
山の状況を見ると、雲がかかりつつあって、
見ごたえのあるグレッシャーパラダイスはかなりきつそうで断念。
ゆっくり町を散策することにした。

まずはお土産を買うことにしてCoopへ
チーズは種類がかなり多くて安い・・・どれにしようか迷うなあ
沢山持って帰れるものならあれもこれもと飼いたい衝動を抑えて。
DSCF711.jpg
これだけにしました。
ラクレットは好評でした。
DSCF625.jpg
是非見に行きたかったネズミ返しの小屋
スネガの方には集落があるそうですが、
ツェルマットの街の中にも少しだけあるとガイドブックに書いてあったので
探しました・・・なかなか見つかりにくい所に有り
DSCF626.jpg
高床式の穀物倉庫です。
ネズミが入らないように土台の石の上に円盤の石が挟んであります。
今も使われてるようでした。
DSCF631.jpg
教会
DSCF647.jpg
これは何だっけ?
夫が写したのでよくおぼえてません。
DSCF536.jpg
ザイラーホテル
ツェルマットに初めてできたホテル
目の前にマッターホルンが見える場所に建ってます。

食事より冷たいビールが飲みたくてうろうろ
DSCF632.jpg
暑いのでテラス席に落ち着いてホッ!!
やっぱり冷たいビールはおいし~~い。
DSCF634.jpg
喉を潤したら夫婦ともども食事よりこちらの方に目が行く
でも最後の夜はチーズフォンデューを食べてこれでほぼスイス料理は食べたかな?

7日目
この朝も夫は朝焼けのマッターホルン見学に出かけました。
私は荷物の計量をしたりしてから、ホテルの庭でのんびり。
DSCF651.jpg
帰国のためにチューリッヒに向かいます。
DSCF655.jpg
コッペンシュタインからカートレインに乗ります
山の中をトンネルを掘り、道路ではなくて車を乗せる鉄道を通したんです。
車に乗ったまま次の駅まで約10分
DSCF656.jpg
こんな場所から乗ります。
DSCF663.jpg
載せてきた車が降りていきます。
DSCF668.jpg
全部おろすと反対に向かう車が乗っていきます
DSCF675.jpg
大型バスは一番最後、ミラーを倒してギリギリ入る幅
カートレインを降りてから3時間でチューリッヒに着きます
DSCF703.jpg
チューリッヒ空港でコーヒーを飲んでいたら
お鮨を食べてる日本人が多かったです。

17:10チューリッヒ発
次の日、日本時間11時55分成田に到着しました。


長々とみてくださってありがとうございました。
旅の日記はこれでおしまいです。


ポチっとよろしく~♪
にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

お帰りなさいv-22
楽しい旅だったようですね。
私も楽しい旅をしたような気分になりました。
レオン君は賢くお留守番できて、
ステキなお土産を貰って寂しい思いも帳消しかな!
国内もいいけど海外もいいですね~
でも私は当分無理かなぁ
ステキなご夫婦ですねv-238

2012/07/21 (Sat) 20:37 | りんごママ #lHI8H0U6 | URL | 編集 | 返信

りんごママさんへ

ただいま~♪
はい、久々の海外だったのですが、
夫と行くのはこれで2回目、
喧嘩をせずに楽しく行けるかドキドキものでしたv-290
UPしていくうちにあれも、これもと長くなってしまいました。
見ていただいてありがとうございます。

わが家は母から解放されてようやくですよ。
りんごママさんもまだまだ大変ですよね。
でも違った楽しみ方が色々ありますから、
上手に解消してくださいね。
りんごママさんの方がお若いのですから、
この先の楽しみにとっておいてください。

2012/07/22 (Sun) 16:51 | ふぉん #- | URL | 編集 | 返信

お帰りなさ~い。
全編楽しく、拝見しました。
小さい頃から、何度もハイジを見てましたんで
正にその世界が、ここにある~って!!感動でした。

2012/07/22 (Sun) 17:44 | 小梅姉 #- | URL | 編集 | 返信

小梅姉さんへ

ただいま~♪
見ていただいてありがとうございます。
そうそう、ハイジの村は日本人が多いですよ。
アニメの影響でしょうね。

でもなんだかおじいさんやペーターが出てきそうな
雰囲気でしたよ

2012/07/25 (Wed) 00:23 | ふぉん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック